小学3年生のときにバリエーション替えをし、そこで仲良くなったベストフレンドが聖闘士星矢のマンガを持っていました。
聞くと夕方からマンガで再放送やるよという箇所だったので、コミックを貰うより早く知れると思い走って家に帰ったのを覚えています。
テレビを塗りつけると、そこには美少年なクセが多数出ていました。
あんなお洒落クセたちが生命をかけて闘うファッションは、当時の私の心におかしいくらいビンゴしました。
特にヒットしたのはドラゴン紫龍という、ロンヘアーの少年でした。
当時若々しい女子に大人間考えだったキャラらしく、私もそれに晴れ晴れ惚れこんでしまったわけです。
それから常々再放送の時間に間にあうように走って塾から帰って来ました。
とにかく紫龍が観たい!その一心で9才だった僕はがんばって居残りしなくて済むように研究をがんばったり、学校行事を短く済ませていました。
本日思えば恥ずかしながら初恋だったのかもしれません。
しかし回がすすむにつれ、だんだんと好きなクセが変わっていくのも小学校。
聖闘士星矢が仕上がる頃には黄金聖闘士のことが好きになっていました。
この頃の熱情は今でも冷めておらず、時々DVDなどを観てはしゃいでいる。
いい影響を受けたなと思いながら兄妹やベストフレンドに勧めている。それくらいお宝で影響を受けたマンガでした。整形なしで二重になりました!